座編みW/S Feed

2016年1月 1日 (金)

「スツールの座編み教室」 開催のお知らせ

16092001_2

久しぶり「スツールの座編み教室」 を開催します。
パイン材のスツールの座面をペーパーコード(紙紐)で編み込んで完成させる教室です。「ラージ・1日コ-ス」か「ミニ・半日コース」のどちらかをお選びください。お友達同士やご家族でのご参加も歓迎です。

出来上がった座面の表情はみなそれぞれ。自分で編んだスツールは、愛着もヒトシオです。森の中の家具工房で、作る楽しさを一緒に味わってみませんか。


■■■  開催日:2016年11月13日(日)  ■■■

1.「ラージ・1日コ-ス」

通常のテーブルでお使いいただける高さのスツールです。

サイズ:300×400×h450
ペーパーコード:生成りのみ
対象:大人
時間:10:00~16:00頃
場所: スープファニチャーの工房
費用: 16,200円 (スツール・ペーパーコード代、講習代、弁当代、税込)
持ち物:軍手、はさみ
※ 付添や二人で1脚でも可。(お弁当追加は800円/個)

2.「ミニ・半日コース」

お子様用、作業用、玄関用にもちょうど良いミニサイズのスツールです。

サイズ:220×220×h220
ペーパーコード:6色からお選びいただけます。mixも可。
対象:小学生以上(小学生は保護者のサポートが必要です)
時間: 13:00~15:00頃
場所: スープファニチャーの工房
費用: 6,480円 (スツール・ペーパーコード代、講習代、税込)
持ち物:軍手、はさみ
※ お弁当ご希望の方は800円/個でご注文いただけます。(ショールーム内、またはウッドデッキでお食べいただけます。12:00頃にお越しください)

【ご注意】
※ 定員になり次第締切りとさせて頂きます。
※ 小学生以下は保護者同伴でご参加ください。
※ お二人以上で1脚でも可。
※ お弁当は「ほっとすてぃしょん」さんの里山弁当を予定しています。

【お申込み】
お申込み・お問い合わせはメールまたはオーダーフォームから。お名前、お電話番号、ご希望のコース、個数、弁当追加の方は追加個数を記入してお申込みください。

メール: 

Email

オーダーフォーム:

 http://www.soupfurniture.com/mailform/postmail2.html




【過去の座編みワークショップの様子】

● 第18回 2015.7.26 「ミニスツールの座面を編もう」
● 第17回 2015.6.28 「スツールの座編み」
● 第16回 2015.5.16-17 「ミニスツールの座面を編もう」
● 第12回 2011.12.11 「スツールの座編み」
● 第11回 2011.6.19 「スツールの座編み」
● 第9回 2011.3.27 「スツールの座編み」
● 第8回 2010.7.4 「スツールの座編み」
● 第6回 2009.7.12 「スツールの座編み」
● 第4回 2009.4.25 「スツールの座編み」
● 第3回 2008.11.15 「スツールの座編み」
● 第2回 2008.7.8 「スツールの座編み」
● 第1回 2008.6.8 「スツールの座編み」

-----------------------------------------------------

オーダー&オリジナル家具工房
  スープファニチャー
〒520-0501 滋賀県大津市北小松1684-5 
tel 077(575)6076
http://www.soupfurniture.com/

2015年6月18日 (木)

6月

かんじる比良の後片付けも終わり、長らくお待たせしていた製作を順番にお作りしています。

外は梅雨らしいすっきりしない天気が続いています。
工房周りにはいろいろなキノコが。
キノコ全般が苦手な私ですが、見てるとおいしそうな気がしないわけでもありません。
ちょっと検索してみましたが特定できませんでした。
「有毒」なんて言葉も出てきて…。冒険してもいいことはなさそうですね。(^_^;)

15061801

スープの森にも綺麗なグラデーションが。

15061802

工房では来週末のワークショップ「スツールの座編み教室」の準備の真っ最中です。

15061804

わずかな晴れ間には気分転換。途中だったタイニーハウスの屋根貼り。なんとか貼れました。完成にまた一歩近づきました。

15061803

2008年7月 9日 (水)

第2回座編みワークショップ(7月8日)

Wark02

早朝、雷、停電、どしゃ降りの雨の音で起こされ、山奥まで来られるお客様のお足もとを心配しましたが、開催時間頃には少し雨も治まり、今回は男性1名、女性5名が無事にお越しになられました。

 気温も湿度もぐんぐん上がり、皆様の熱気も加わって、工房の中はかなり蒸し暑くなりましたが、雨も上がったので、窓も扉も全開にして、森の空気をたくさん入れながら、作業してもらいました。
 皆様真剣な眼差しで、黙々と熱中されて編み進めておられました。

 お昼は、前回同様ほっとすてーしょんさんの里山弁当。見ず知らずのお客さん同士が地元のお話などで盛り上がる、楽しい団らんのひと時も、ワークショップならではですね。
 
今回も、モノ作りが好きなお客様ばかりで、今までどんなものをお作りになったか、などの楽しいお話もきかせて頂きました。

 お昼からも、皆さん集中して作業に没頭され、夕方には全員無事に完成されました。長丁場にもかかわらず、
 「時間が過ぎるのがあっという間でした」とのお声も。

 皆様が帰られる時の、疲れたけどさわやかな笑顔が、とても印象的でした。 普段の生活では味わえない、非日常的な体験を提供できたことをとてもうれしく思います。

 参加者の皆様、本当にお疲れ様でした。スツール、愛着を持ってかわいがってやってくださいね。
 これからもワークショップを通じて、モノヅクリの楽しさを発信して行ければと思います。

2008年6月 9日 (月)

第1回座編みワークショップ(6月8日)

Wark01

天気予報では一日中梅雨空のはずでしたが、お越しいただいた皆様の日頃の行いが良いせいか、時折日が差すほどの良いお天気で、男性2人、女性5人の計7名の方々にお集まりいただきました。

 最初、コツを掴むまでは苦労されていたようで、何度もやり直しをされた方もいましたが、途中からは皆さん黙々と集中されておりました。

 かなり力のいる作業なので、女性の方には少し難しいかもと思っておりましたが、なんのなんの、女性でもしっかり編んでおられました。
 また、編み方ひとつでも、それぞれの個性が出ていて、愛着のわく作品に仕上がっていました。
 中には、とても初めてとは思えないような立派な仕上がりの方も!

 初めて会った人同士が、帰る頃には友達になれるのも、ワークショップの喜びのひとつです。

「とても楽しかった」「日常を忘れて没頭できた」などの感想を頂き、とても嬉しかったです。

 これからもワークショップを通じて、モノヅクリの楽しさを発信して行ければと思います。

 参加していただいた皆様、本当にお疲れ様でした。