家族 Feed

2012年2月14日 (火)

2月14日

娘たちにチョコを貰いました。4つぶ。

と思ったら、娘が友達にあげるチョコが足りないことが判明、2つぶ没収。ま、いいか。

12021401

2012年2月 4日 (土)

立春

昨夜は節分、例年通り我が家にも本格的な鬼がやってきました。が、とうとう正体がバレてしまいましたー(いまだにシラを切り通していますが…)。一夜明け、同時に長かった私の厄年3年間が終わりました。実は最初の1年、前厄の年は全く気付いていませんでした(笑)。数え年で数えることに気付いていなくて。

3年間、無事に何事もなく過ごせましたが、今思い返せばリサの大病が、ひょっとして身代わりになってくれていたのかも。

リサが命を落としかけたことで、リサの大切さをも思い知りました。それまで「飼っている」と思っていましたが、実は「守られている」「愛されている」と感じるようになりました。いつかはお別れの日が来るのだろうけれど、それまでたくさんの時間と愛情を注いであげようと思っています。

そして今日から春が立ちました。とはいえまだまだ厳しい寒さ・雪が続き、その次には花粉の季節…。気持ちよく過ごせる日々はまだまだ先やなー。

12020402

2012年1月 7日 (土)

寝床移動

昼休み、吹雪の中、家の廻りで娘たちと本気で雪合戦。思ったよりコントロールの良い私。2人ともを泣かしてしまう…。少し反省。

夜。今夜から寝床を、いつも寒い北側の寝室からリビング上のロフトに移動することに。寝室は、まるで冷蔵庫の中で寝ている状態だった。薪ストーブのおかげでロフトはあったか~。子供達も大喜び。もっと早くこうすればよかった。

が、リビングのテレビはロフトのすぐ下。ロフトにはドアがないので、丸聞こえ。子供たちが寝た後、テレビを見ずらいなぁ…。ドア、作らなきゃ。

12010701

2011年12月20日 (火)

ひちごさん

今月めでたく7才になった次女。七五三参りの代わり?にユニバーサルスタジオへ先週行ってきた。記録として一日のスケジュールを書きとめておく。

パスとブックレット4(優先乗車券)は前もってローソンで購入しておいた。当日チケット売り場に並ばなくて済む。(前回は1時間以上並んだ。)

★9:10 に到着。まずは「ペパーミントパティのスタント・スライド」。二人乗りゴムボートで滑るウォータースライダー。濡れそうでかなり怖かった。

★「ジョーズ」へ。待ち時間15分と空いていたのでブックレットは使わず。

★次に「メルズ・ドライブイン」でコーヒータイム。外に出るとミニパレードショー「ハッピースノーパーティ」に遭遇。

★屋内型ジェットコースター「スヌーピーのグレートレース」。25分並ぶ。「ガチャン!」という音がうるさかった。

★12:10 ジュラシックパーク前の「ディスカバリーレストラン」で昼食。恐竜肉のランチプレート。

★「バックドラフト」前回も見たのに、最後の床が抜けるのには少し驚いた。

★「バックツーザフューチャー」乗車中、左右を覗きこむと6台ほど並んでいた。同時に同じ画面を見ていたのか。

★「スパーダーマン」初めて。ライドのボンネットにスパイダーマン他が飛んでくる。

★↓「スペースファンタジー」初めて。ET跡地。流れるように回転するライドが気持ちいいネ。めちゃ面白かった。ただ、入場前の写真撮影やケータイゲートの意味がわからんかった。アトラクション前でキャラクターと記念撮影。ところで何の映画?

11122003

★↓15:45 10周年記念ショー「Dreams are UNIVERSAL」。ストーリーがお父さん泣かせで、ちょっと感動した。

11122001

★「スタジオ・スターズ・レストラン」でケーキタイム。

★↓子供たちのリクエストでもう一度スヌーピーエリアへ。端から端まで遊び倒す。

11122002

★お土産タイム~「スヌーピー・バックロット・カフェ」で夕食。ハンバーガー。

★↓19:15 お楽しみ「マジカル・スターライト・パレード」。提供アート引越センター。もうかってまんなー。 

11122004

★このあともう一度お土産タイムをしてパーク終了。8:30。帰宅は10時過ぎ。いつのまにか子供たちも成長し、前回よりも乗れるライドが多くなったなー。リサお留守番御苦労さんでしたー。

2011年10月19日 (水)

甘えたチャン

11101902

今夜のおかず、大好物のハンバーグ。いつもなら、私だけのおかわり用にもう一つ作ってくれているはずの妻が、今夜はおかわりなしだと言う。なんでも、配膳中にリサが机の上からひとつ失敬したらしい。こっぴどく叱ってケージに閉じ込めの刑になったらしいが、そんなことより初めて食べた人間の食事は、とてつもなくウマかったことだろう。

生まれてから4年間ちょっと、人間の食べ物は一口もやったことがないのが自慢だった。そうすることでリサも人間の食べ物には興味がなかったはずだったのだが…。

そういえば昨日はリビングのスタディーコーナーに置いてあった、長女が2つ作った「牛乳パックペン立て」のうちの一つが、留守の間に床に粉々に散乱してたそうだ。

11101901

2週間の入院から帰ってきたリサと、より一層愛情深く接してきたが、実はそのせいでリサを甘えたチャンにしてしまったのかもしれない、と少し反省。明日からはビシバシと毅然とした態度で接しよう。

2011年10月12日 (水)

生還!

リサ号が我が家に帰ってきた。転院を合わせ約2週間の入院だった。どちらの病院にも大変よくしてもらい、お世話をおかけしました。生死の境から無事に生還、少し痩せたリサですが、黄疸もかなりましになり、順調に回復しているようです。

家に帰ってきてホッとしてるかな。本人(犬)は今回のこと、どう思っているかな。病院に2回も置き去りにして、怒ってないかなー。「ちょっと調子が悪くなったら見放すの?」とか恨まれてるかも。なんて色々考えたりしちゃいます…。

とりあえず一安心。たくさんの方々に心配していただきしました。この場をお借りしてお礼申し上げます。

11101301_2 

2011年10月 7日 (金)

宣告…

リサが入院して8日目の昨日、お医者さんに呼び出されました。様々な検査・処置をして下さいましたが、血液検査の結果が回復に向かわないとのこと…。「うちの施設でこれ以上入院してても回復の見込みは少ない」と宣告されました。

リサの病気はおそらく「胆嚢粘液嚢腫」という胆のうの病気だそうです。ただ、エコーでもはっきりした影が映らないとのこと。リサの体に黄疸がでて9日目。黄疸がでると、非常に危険な状態だそうで数日も持たないことが多いそうです。

病院によって可能な治療に差があるのだと痛感しました…。家に帰りパソコンにかじり付き、滋賀・京都・大阪の見てくれそうな動物病院を検索しては電話で問合せ。でもH.Pの情報だけでどんなランクの病院か判断するのは難しい…。なんとか対応してくれそうなところを数件探し出し、妻と夜中まで話し合いました。

そして今日、転院させることに。お世話になった病院を後に、リサとの再会もそこそこに車に押し込み小一時間のドライブ。宇治にある立派な某動物総合病院。

待合室での待ち時間、ようやく久々のリサとのスキンシップタイム。顔じゅうなめられ膝の上に乗ってきて、顔を胸にうずめてくるリサ。食欲も全くなく、元気もない状態で入院したはずのリサでしたが…、げ、元気ーっ。おかげで私のジーパンは毛っだらけっけ。

11100701

エコーの結果、やはり影はなし。だが、血液検査の結果からするとやはり危険な状態だそう。影が映らない以上、手術には踏み切れないそうで、しばらく入院して様子を見てもらうことになりました。またリサとはしばらくお別れ。診察室を後にした私の耳に聞こえてきた、リサのいつもの人恋しい鳴き声「ピーッ」。その声は、いったいどこから出しているの?

2011年9月29日 (木)

頑張れ。

5日ほど前からご飯を食べなくなったリサ。散歩途中の小枝の誤飲が原因かと思い、一昨日、病院でレントゲンやらエコーやら調べてもらったが異常なし。様子見ということで帰ってきたが、その日の夜からおもらしするように。そして昨日からは体に黄疸が出始める。

今日再び病院へ。血液検査・尿検査の結果、即入院となってしまった。知らないところでのお泊り、心細いやろうな。こっちも寂しい。頑張って、早くよくなれ。

11092901

2011年8月14日 (日)

人間だと32歳…

11081401

今日はリサの4歳の誕生日。年に一度のチーズ入りごはん。娘たちにチーズで名前を書いてもらいました。リサ、フリック、ガク、コル…その他総勢12匹の兄弟たち、お誕生日おめでとう!

11081402

11081403

                生後2か月のリサとフリック

2011年5月16日 (月)

呪われた第3日曜日

昨年まで毎月第3日曜日に開催していた自宅ショールームのせいで、娘たちに恨まれていました。娘たちの大好きな琵琶湖博物館が滋賀県民に限り無料になる日も毎月第3日曜日。自宅ショールームを始めてからは全く行けませんでしたが(入館料を払えばいつでも行けるのですが)、新ショールームも完成し、日曜日も休もうと思えば休めるようになり、「今年からは毎月でもいけるなぁ」などと話していましたが…。

   1月…新ショールームオープン直前のため中止

   2月…大雪と重なり中止

   3月…家具納品と重なり中止

   4月…お花見と重なり中止

5月の第3日曜日だった昨日、午前中はお客様宅へ用事がありましたが、そのまま家族で「琵琶湖博物館」へ直行…のはずでしたが、前日から娘二人とも風邪でダウン。おまけに私も風邪で喉がやられて声も出ないほど…。ほんと付いていないようです。

「来月は絶対行こうな。」と言い聞かせながらカレンダーを見ると…。なんと来月はワークショップの日!いったいいつになったら連れて行けるのか、乞うご期待。

11051601