かんじる比良 Feed

2014年5月20日 (火)

かんじる比良2014「もっきんをつくろう」レポート

お天気に恵まれた「かんじる比良2014」が無事終了しました。スープファニチャーでも、連日たくさんの皆様にご来場いただき、本当にありがとうございました。

まずは昨年に引き続き2日間とも開催させていただきたワークショップ「もっきんをつくろう」のレポートです。

M001

例年と同じく、ワークショップの看板は、我が家の小学生の娘たちに発注いたしました。うん、今年も良い出来です。

M002

今回、情報誌「Leaf」を見て申し込んで下さった方も多く、「かんじる比良」を知らない方もたくさんおられたようなので、「かんじる比良」の説明もさせていただきました。

M003

早速、もっきんの製作に取り掛かります。

M004

お母さんも頑張っています。

M005

大人の方も楽しんで製作されています。

M006

お父さんも楽しそう。

M007

音の確認。うまくなるかな?

M008

私もサポートさせていただきました。

M009

「次はなにするんだっけ…」

M010

塗装です。好きな配色で塗ってもらいました。

M011_2

 2日間で24台のもっきんが完成しました。とても楽しかったようで、帰りの車の中では優しい音色が鳴り止まなかったという報告も。

皆様本当にご苦労様でした。皆様に楽しんでもらいたいという思いで企画、準備をしてきましたが、逆に作業している皆様の楽しさや元気が伝わってきて、僕の方がたくさんのエネルギーをいただきました。それから、僕の要領が悪く予定時間よりオーバーしてしまいご迷惑をおかけしました。次回への課題です。また次回も楽しい企画をご用意できたらと思っています。

※このワークショップは今度の日曜日にも開催いたします。残り僅かとなっていますのでご興味のある方は至急ご連絡ください。↓
http://soup.blog.eonet.jp/default/2014/04/workshop-19dc.html

2014年5月16日 (金)

いよいよ明日。「かんじる比良」

そうこうしているうちに、明日から「かんじる比良」です。
実行委員では年明けから何度も会議を重ね、この日のために準備してきました。もちろんスープファニチャーとしてもこの日が来るのが待ち遠しくてたまりませんでした。

今回のスープファニチャーはもっきん作りのワークショップと、新作雑貨の発表、アトリエ山林舎さんとのタイニーツリーハウス、薪ストーブと関連グッズの展示販売などなど、盛りだくさんの内容となっています。スープの森も散策していただけます。

皆様に会えるのを、本当に楽しみにしています。興奮して、今夜は寝れるかな…(^_^;)

14051607

2014年5月 2日 (金)

もっきんの準備

2週間後に迫ったワークショップ「もっきんをつくろう」。少しづつ準備を進めています。写真はもっきんのバチです。
角材からカンナで一本づつ丸棒にしていきます。
楽しみにしてくれている子供たち、大人たちのために。(^^)

14050201

2014年4月25日 (金)

かんじる比良企画その3-スープの森のタイニーハウス途中経過見学会!

Photo ショールームの前の小川の流れる小さな森をスープの森と呼んでいます。この森に設置するツリーハウスを昨年からログハウスビルダーの野田さん(山林舎)に作ってもらっています。

私も少しお手伝いさせていただいているのですが、その製作工程のほとんどを手作業にこだわって製作されています。丸太を削り、皮を剥き、加工して、組み上げる。なので、めちゃくちゃ時間がかかるのです。でもそれがまた楽しいのです。一つづつ、1本ずつ組み上がっていく度の感動が堪りません。

現在は野田さんの事務所で本体を製作中ですが、かんじる比良当日はスープファニチャーで展示します。現在は腰の高さくらいです。当日どこまでできてるかはお楽しみ!興味のある方は是非、見にきてください。

001_2

2014年4月22日 (火)

かんじる比良企画その2-薪ストーブの展示実演 by LOG BARN'S

かんじる比良特別企画その2

いつも仲良くさせていただいている湖西の薪ストーブのお店、LOG BARN'Sさんがスープファニチャーにご来店!薪ストーブの使い方を楽しく実演したり、その他薪ストーブに関連する雑貨の展示・販売、薪割り体験や、丸太の皮むき体験などもしていただけます。

薪ストーブに興味のある方は是非お越しください。

14042201

2014年4月14日 (月)

ガイドマップ完成

かんじる比良のガイドマップが完成、配布が始まりました。
今回もデザインを担当させていただきました。
色々な面で、思い入れの深いマップに仕上がりました。

各参加店で無料配布中です。ぜひ手に取って、比良エリアの散策にお役立て下さい。

14041401

2014年4月 3日 (木)

かんじる比良企画その1-workshop「もっきんをつくろう」

今年も「かんじる比良」が近付いてきました。今年の開催日は5月17日(土)18日(日)です。スープファニチャーでは昨年も人気だった特別企画、「もっきんをつくろう」を今年も開催いたします!

14040301 おとなもこどもも夢中になる、もっきん作りのワークショップです。のこぎりでカットしながら音を調整し、好みの色の自然塗料で塗装して組立てます。森の中の家具工房で、作る楽しさを一緒に味わってみませんか?(所要時間約2.5時間)

   日時:5月17日(土)10:00~12:30   ←定員に達しました
          18日(日)10:00~12:30  ←定員に達しました
          25日(日)10:00~12:30  ←好評に付き追加開催します

    ※キャンセル待ちもご予約いただけます。

   費用: 2,000円 場所:スープファニチャーの工房
   人数:各日12個
   服装:汚れてもいい服装でお越しください。
   その他:小学生以下は保護者同伴

ご予約はお電話  077-575-6076
またはオーダーフォーム↓ 
http://www.soupfurniture.com/mailform/postmail2.html
または00email_2 

にて、希望日時、個数と、必要事項をご記入の上お申込み下さい。
定員になり次第締め切りとさせていただきます。
電車ご利用の方は申し込み時にご相談ください。

 

過去のワークショップの様子はコチラ↓
http://soup.blog.eonet.jp/default/2013/05/2013-fe83.html
http://soup.blog.eonet.jp/default/ws_1/

2013年10月22日 (火)

歴史ハイキング参加者募集

10月になっても暑かった今年の夏もようやく終わり、あっという間に秋が到来。
 
今年も恒例の、「かんじる比良」主催の歴史ハイキングが開催されます。
お申込み、詳細はこちら。
http://kanjiruhira.org/
 

Hike

2013年6月 5日 (水)

かんじる比良ミニツアー(後半)

続いては青木煮豆店さん。店前には座って食べれるスペースがありました。

13060116

煮豆専門店ですが、煮豆で作る手作りの「どらやき(4種)」が人気です。ボリュームたっぷりで私も大好き。

13060117

こちらにもおくどさんが!

13060118

次は八光窯さん。ご自宅の一室に作品を展示されていました。

13060119

美しくて使いやすそうな食器や花器が並んでいます。

13060120

少し昔にネスカフェの宣伝に使用されたというコーヒーカップも見せていただきました。すごい!(写真撮るの忘れました…)

13060121

自宅裏の工房を見学させていただきました。

13060122

人様の作業場を見せて頂くのは本当にワクワクします。自作の窯が何台か設置されていました。少人数ですが陶芸教室もされるそうです。御歳74歳のご主人ですが、なんとホームページやブログ、facebook、ネットショップまでされているのに驚きです!

13060123

最後はうちの番、スープファニチャーです。

13060124

ショールーム・工房・デッキ・スープの森と、ひと通り見学して頂きました。

これで今回のミニツアーは終了です。回ってみてかんじたのが、みなさん暮らしを楽しんでおられるという事。「ないものは作る」という楽しみを満喫されている方が多く、そんな方々の暮らしを拝見させていただくと、元気と刺激をたっぷりと分けて頂けたようでした。「かんじる比良」って、楽しいー!!

今回は僅か3時間半程度で6件回りました。1件あたりにすると約20分ほどでした。エリアが広く、移動時間も掛かる事を実感、迷わないような道案内を充実させなければ、と感じました。

13060125

その後、ツアーに参加できなかった方々も合流しての懇親会に突入。楽しい時間を過ごさせていただきました。ほっとすていしょんさんのお弁当、利助・友さんのプリンなど、こちらも比良の味を満喫させていただきました。

ツアーでお邪魔させていただいた参加店の皆さん、差し入れして下さった皆様、本当にありがとうございました。第2回ミニツアーの開催、楽しみにしております。

2013年6月 4日 (火)

かんじる比良ミニツアー(前半)

「かんじる比良」に参加してて一番つらいのは、開催中に自分が散策できない事。いつもガイドマップを見ながら、「ここ行ってみたいなー」「ここ楽しそうやなー」と思いながらも行けずじまい。そんな参加店・関係者のために先週の土曜日、かんじる比良の会主催「かんじる比良ミニツアー」を開催して頂きました。

13060101

まずは「麓湖窯」さん。

13060102

芸術的な陶芸が並んでいます。

13060103

そこかしこに不思議な焼き物が。

13060104

もちろん、食器や花器なども製作されており、陶芸教室もされています。

13060105

お話を聞くと、教員免許もお持ちの上、サッカーも指導者レベルの腕前(脚前?)。そしてお庭にはアジサイやバジルを丹精込めて栽培されていて、とても多才!
コナラの木にツリーハウスを作る予定も!?いつでもお手伝いに行かせていただきます。

13060106

続いては、予約販売の蒸しパン屋「むす」さん。お家の前で、笑顔でみんなの到着を待っていて下さいました。こちらのお家は築200年の古民家。屋根はカバーしていますが、茅葺です。

13060107

こちらは厨房。ここでたくさんの蒸しパンが生まれます。普段はイベントでの出店、または予約販売のみ。

13060108

このツアーのために、大量の蒸しパンをご用意して下さっていました。感激!

13060109

このセンスの良い古民家。置いてある家具も全て最初から置いてあったと聞いて驚き!かんじる比良の時はこの広間をお客様に開放されていたそうです。

13060110

こちらはおくどさん。この存在感に圧巻です。こだわりのある暮らしが伝わってきました。

13060111

つづいては「モッサリーナ」さん。眺めの良い高台にご自宅と工房、ご主人の骨董品屋さんがありました。なんと全てご主人がセルフビルドで建てられたそうです。

13060112

工房には、古布を使った作品が所狭しと並べられていました。

13060113

13060114

ついで(?)に、ご主人の骨董品屋「あたらしや」さんも見せて頂きました。

13060115

いろいろなものが溢れていてワクワクしました。こちらの営業は月1回のみだそうです。(後半へつづく)