« 2009年9月 | メイン | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月30日 (金)

秋の風景

09103001

秋と言うには温かい日が続いていますが、工房周りには着実に秋が忍び寄ってきています。上の写真は、ノコンギク。

09103002

近所の林の渋柿。やがて、こどもたちのおやつに。

09103003

今年は異常に多いカメムシ。洗濯物も外に干せません。家の中にも毎日10匹位入ってきます。ガムテープに張り付け、すかさず2つ折りにして密閉、ごみ箱へ。

カメムシの多い年の冬は、雪が多いらしい。そういえば昨日、ユキムシが飛んでいた。こちらの大量発生は、翌日に雪が降る合図。来週からは、気温がぐっと下がるらしいのでお気を付けください。ようやく薪ストーブの出番か。

 

2009年10月29日 (木)

安全靴

09102901

安全靴。

といえば、おじさんがはくようなダサいマジックテープのタイプか、黒い革靴タイプのものが多い。つま先5cm位は鉄板で保護されていて、1ton位のものを落としても安全な靴である。高校生のころは、革靴タイプのつま先部分の革を半月形にナイフでカットして鉄板を見せるのが流行っていたっけ。

仕事柄安全靴を利用しているが、スニーカータイプのおしゃれなものもある。中でも気に入って愛用しているのはsundanceというメーカー。ロゴからしておしゃれで、デザインも申し分なく、新しいデザインが次々に発売される。そして2980円程度、と安いのも嬉しい!

上の写真は6足目くらいかな。だいたい半年ほどで履き古してしまいます…。

2009年10月28日 (水)

だいくのおさる

09102801

薪割機を手に入れてから、薪割りがすこぶるはかどる。というか、やる気になった。最近の私のスケジュールは、朝チェーンソーで玉切り→家具製作→お昼→薪割り→家具製作→薪割り→車に積み込み→自宅に運び薪下ろし、といった具合である。(軽トラ欲しい…)

ひとつだけ不満を挙げれば、工房から自宅までの100mが恨めしい。薪にする丸太や芝は工房周りに点在して置いてあり、そこでチェーンソーで切ることになる。そのまま燃やせる細めの丸太は車へ、割る必要のある丸太は工房内へ持ち運び、薪割機で割る。それをまた車に積み込み、ようやく自宅の薪棚に運ぶのである。一体何回運んでいるのだろう。薪の値段というのは半分以上が手間賃なのだろうと思った。また、薪割機は女性でも使える便利な代物だが、100mの距離のせいで妻は無関心を押し通している。

09102802

自宅前で車から薪を下していると、家から娘たちが出てきて「手伝いたい~」。仕方なく運ばせたら、これが正解。二人で競争し始めて、「だいくのおさるだ、ホイサッサー」と、わけのわからない掛け声をかけながら、あれよあれよという間に全部を運び終わってしまった。この手つかえる。

09102803きれいに並んだ薪棚は芸術的である。他人の家の薪棚でも見とれてしまう。今年から家の東側にも薪置き場を新設した。勝手口が開かなくなってしまったが、もともと宙に浮いていたので問題ない…でしょう。

2009年10月27日 (火)

何が残せる?

子供が生まれてから、子供達にいったい何が残せるだろうとよく考える。子を持つ親ならみんな考えることかもしれない。お金という人もいるだろう。家、土地、愛情、思い出…。人それぞれ、いろんな答えがあるだろう。私がよく思うのは、「森・自然・地球…」。

私が小学生を過ごした苦楽園では、近所を流れる夙川や近くの岩山・林・田んぼなどで飛び回って遊んでいた。が、山は削られ田んぼは埋められ造成され、こぎれいな住宅やお店に変わってしまい、今はもうその面影はほとんどなくってしまった。

世の中はめまぐるしく移り変わり、使い捨ての時代は終わろうとしない。このままでよいのだろうか。

いいはずはないが、何をどうすればよいのだろう。何をすればダメージが少ないのだろう。明確な答えはないのかもしれないが、やはり、小さなことをコツコツということなのかもしれない。ごみの分別・マイバック・マイ箸・水筒の持参・節電・節水…。

未来の人類のために、なんて大げさなことではない。今の子供たちのために、と考えると小さなこともコツコツと続けていけそうだ。

スープファニチャーでは、使い捨てではなく100年使える家具を目指して家具製作に取り組んでおります。また、家具製作に出た端材や革のハギレを使用して製作した小物や、春に開催したイベント「さんさん市」の売り上げの一部を、森林資源・環境に関する研究と普及啓発活動を行っている森林文化協会に寄付させていただいています。また、その情報誌「グリーン・パワー 10月号」に掲載していただきました。

今後もスープファニチャーとして、大人として、父として、何ができるかを考えながら小さなこともコツコツとつみ重ねていこうと思います。

09102027

2009年10月26日 (月)

替え歌

最近、次女が幼稚園から面白い歌を教えてもらってきた。

 

1.大阪にはうまいもんがいっぱいあるんやで~♪
 たこ焼き ギョーザ お好み焼き 「豚まん!」

2.大阪にはうまいもんがいっぱいあるんやで~♪
 いか焼き ばってら あわおこし 「ようおこし!」

3.大阪にはうまいもんがいっぱいあるんやで~♪
 かに道楽 くいだおれ もんじゃ焼き 「なんでやねん!」

 

これを振り付きで一生懸命歌ってくれる。よく聞くと、ダジャレや突っ込みもちりばめられ(最後の「なんでやねん!」は裏手で突っ込む振り付けである)非常によくできた歌である。が、娘の音程ではメロディーがよくわからなかったので、ちょっとググッてみると「ゆかいな牧場(まきば)」の替え歌であることが判明した。「イチローさんのまきばーでーいやいやよー」の歌詞と言えばお分かりの方も多いはず。

しかし、ご当地の名物を歌うこのような替え歌、関西エリアにしか存在しないらしい。そして京都・大阪・神戸など各地方ごとに微妙に歌詞や振り付けが違うらしい。

しかも大阪で流行っていたのは、なんと今年の1月ごろ!インフルエンザは1週間足らずで到着するのに、流行りもんは遅い滋賀なのでした。

09102026

2009年10月20日 (火)

KMステップ

09102001

先日、納品させていただいた踏み台「KMステップ」です。大きく面取りした組み接ぎで、安定感がありながらコロンとした愛らしいデザインとなりました。

3種類のデザインを提案させていただき、その中から選んでいただきました。ちなみに、うちの家族も皆このデザインを選んでいました。他の2つも良かったんだけど…(泣)。

ご注文を頂いてからの製作となります。現在、お届けまで3カ月ほど頂いておりますので、あらかじめご了承ください。

「KMステップ」 w300 d300 h350 ¥10500

2009年10月17日 (土)

秋満喫

09101701

今日はお弁当を持って長女を連れて、次女の幼稚園の父兄参観へ(妻は留守番)。幼稚園から近くの山へ、秋を探しに出かけました。近くといっても、かなりの距離を歩きました。でも普段知らない山や森に入り、専門の先生による手の込んだ数々のミッションが準備されていて、親子とも共とても楽しめたイベントでした。この距離をお友達と手をつないで楽しそうに歩いている次女を見て、成長したなぁと実感しました。まだまだ我がまま全開のところもありますが…。

帰ってからは、薪ストーブの煙突掃除・点検。最近肌寒くなってきて、早く点けたくて、寒くなる日が待ち遠しくてうずうずしています。屋根に上がり、ワイヤーのついたタワシでゴシゴシ。10分で完了。これでいつでも点火OKです。

明日は燦々ショールーム。寒くなれば火を入れるかもしれませんが、天気予報は晴れ。昼間はまだまだ半袖の私。無理かなー。

09101702

2009年10月16日 (金)

後悔…

09101601

あらかた、台風の後片付けが終わりました。なかでも使用頻度の多い道具がチェーンソーでした。大人2人でも持ち上がらない倒木や枝などは、小分けしないと持ち運べません。でも以前から機嫌のあまりよろしくなかったハスクバーナちゃん。とうとう、エンジンが止まってしまいました。再スタートしても10秒ほどでエンストしてしまいます。分解して内部やフィルターを清掃してみたり、調整ねじをいじってみたり、プラグを点検してみたり、刃を研いでみたり…(関係ない!)。でもやっぱりエンスト。

こういう時、普通なら販売店に相談するのだろうけど、実は3年前に、長野の直輸入ブローカーからオークションで購入。新品激安だったけど、当然修理には対応してくれません。滋賀県でハスクの取扱店は1件だけ。しかも琵琶湖の対岸で、車をとばしても1時間半ほど。電話してみると、宅配便で送れば修理してくれるそうなので、一安心。数日で無事帰還しましたが、デザインと価格だけで購入してしまったのが後悔。

教訓! 素人は、チェーンソーは地元で買え~っ!

2009年10月10日 (土)

つめ跡

台風18号、皆様、被害はなかったでしょうか。うちではあちこちにつめ跡を残して行きました。

09101001

工房の看板は倒れ、一部は床下浸水。

09101002

自宅の門の前には大きな倒木、家庭菜園のネットの上に、大きな枝が降ってきました。

09101003

隣に住む両親の家の庭。パーゴラが転倒、崩壊。

09101004

壁一面のモッコウバラが倒れ、庭のコナラも真っ二つに。

その他いろいろ破損しましたが、幸い自宅は無傷。人的被害もなく、この程度で済んでよかったのかもしれません。後片付けが大変…。

2009年10月 7日 (水)

冬支度

09100701

以前から買おうかどうか悩んでいた薪割機、ついに購入してしまいました。

昔から、何事も土壇場にならないとやる気が出ない性格で、毎年ようやくこの時期から今シーズンの薪割開始。我が家の暖房は薪ストーブだけなので、薪割りは死活問題。工房の周りにはチェーンソーで玉切りしたまんまの丸太が、大量に山積み状態に。ちょっとうんざりしていたところに、ネットで薪割機を発見。しかも3万ちょっと。かなり手頃になっているんですねぇ。邪道だとは思いつつも、1ケ月ほど前からずっと悩んでいました。でも購入したら薪割りもはかどり、わたしの日当分ですぐ元が取れるはずと、とうとう決断!注文から24時間も立たずに到着。すかさず使用!

で、感想は、「さすが!」 6tのパワーで、直径30cm位までのかなり大きな玉がレバーひとつ(正確には2つ)でパッカ~ンと割れる快感は癖になりそう。小一時間で写真に写っている位の薪割りができました。

これなら1週間程、朝から晩まで頑張れば、ひと冬分の薪割りができるかも…。ん?説明書に「連続使用時間:30分」と書いてあるけど、どういう意味?